トップページワセログ > 高校生の皆さんへ
  • 【第10回】太田HS 飯野 / 大学受験って、とにかく覚えることが多すぎる!

    2019.12.02

    ブログicon

    飯野 都亨

    受験で大切なことは、

    「人のせい、周囲のせいに決してしないこと。」

     

    覚えることが多いのは自分だけではなく、誰もが同じです。大切なのは、そこに向かう心構えではないでしょうか。

     

    授業中もそう、問題集を解くときもそう、覚えていないことや間違った問題にどういう心構えで臨むかです。

     

    「艱難汝を玉にす」問題集の誤答は宝の山。

     

    「ここに自分の弱点があった。この問題は教えてくれたのだ。」と喜ぶべきです。どんな事象も前向きにとらえる、ポジティブ心理資本。「本番じゃなくて、今間違えてよかった。」と思うように意識してください。受験勉強を通して学力以上に、精神面で大いに成長できるはずです。

     

    私は勉強をピザの生地によく例えるのですが、パイ生地も何層にも重なってあの美味しい歯ごたえですよね。勉強もそう、何層にも繰り返すことで、完成していくのです。授業中は「7回は最低繰り返しなさい。」と言っています。そして、復習が終わって、「あぁ、今日間違えてよかった。本番でじゃなくてよかった。」と、きっと熟睡できますよ。

     

    私は、勉強においては、まずは「質より量」だと考えています。方法論の習得も含め、まず「量」を確保しないと、質も磨かれることはありません。悩み苦しみ、大量の犠牲を払う中でこそ、自分だけの最高の「質」を見つけることができます。その努力するプロセスを少しでも楽しめるようになってきたら、グングン成績が向上するはずです。

     

    最後に、「悩む暇があったら勉強せよ!」です。

    ストレスが溜まりに溜まっても、不安が積もりに積もっても、さらにいっそう勉強することでのみ解決すると心得て下さい。泥くさい勉強法を嫌がらないことも大切です。

     

    因みに、Schoolとはギリシャ語の「学ぶための余暇、暇」です。学ぶって本来楽しいことなのです!

     

     

    この記事を書いた人…

    W早稲田ゼミ 太田ハイスクール塾長

     いいの    くにゆき

    飯野 都亨

     

    正社員だから、いつもそこにいる、だからこそどんなことでも相談できる、高校生活の苦楽を分かち合える仲間であり、良きメンター(助言者)であり続けたいと思っております。

月間アーカイブ

無料体験授業のお申し込み・教室見学・授業料について、その他何でもお気軽にご相談ください。

tel:0120-017-894 月〜土/10:00〜22:00 日/12:00〜18:00 無料体験授業 資料請求