2021-summer_pin2021-summer_tap2021-winter_curve-arrow2021-winter_effect2021-winter_mic2021-winter_reason-bubble_pc2021-winter_reason-bubble_sp2021-winter_telacademic-capangle-bottomangle-leftangle-rightarrow-bluearrow-bottom-dotarrow-pinkarrow-rightarrowassistantsbackpackbookscherry-blossomclosecolumn_icon_columncolumn-areacomiccrowndocumentemailfootprintshomeicon-interviewicon-pdfinstructorinterviewlight-bulbmegaphone-slantedmegaphonemenuminusnew-school-lp_tapnew-school-lp_telnoticeopen-bookopportunitypencilpeoplephonepinplusquestion-balloonquestion-circlequestionschool-bagschool-buildingscoreshoulder-bagsuccess_icon_all_bluesuccess_icon_all_whitesuccess_icon_experiencesuccess_icon_hs_whitesuccess_icon_hssuccess_icon_interviewsuccess_icon_jhs_whitesuccess_icon_jhssuccess_icon_uni_whitesuccess_icon_unisuccess_sakura_leftsuccess_sakura_righttarget-blanktest-sheettriangle-downtriangle-upuserw-invertedw
clouds
学習コラム

2022年最新)【宇都宮市内で学習塾選びのコツ!】小中学生の成績を上げるには集団と個別、どっちがいいの?

学習目的を踏まえた宇都宮市内で学習塾選びのコツ!

宇都宮市内でよく見かける塾は?

 宇都宮市内には、集団塾、個別指導塾、オンライン指導を専門とした塾、など様々な指導法の学習塾が多く点在しています。

 それら塾は、冬期講習が分かりやすかった、理解できるまで丁寧に教えてくれた、料金がリーズナブル、駐車場が広くて良かった、といった口コミが多数ネット上で紹介されているのですが、情報が多すぎて、どの学習塾が本当にうちの子に合うのかが分からない、という方も多いのではないでしょうか。 

他県と比べて、宇都宮市の塾の特徴

 宇都宮市には、教育熱心な共働き家庭が比較的多いです。そのため、授業がない日でも通える体制を整え、自習できる仕組みを採用する学習塾が、他県と比べて多く存在します。少しでも成績をアップさせ、親を笑顔にしたい、と頑張る中学生の姿に刺激を受け、講師陣も松岡S造ばりに、熱く指導する人が多いのが特徴です。

 学習塾の多くは、JR宇都宮駅、東武宇都宮駅の周辺、東京街道沿いの大通りなどに立地しています。送迎車両向けに、広い駐車場を完備している学習塾も多いです。ある調査によると、駐車場の有無などの塾の立地が通塾条件の第一位となっています。

 新型コロナの影響で、対面授業と併用してオンライン授業を行う学習塾も広がりをみせています。また学習塾に通う子どもも低年齢化しています。県立中高一貫校や国私立中学への進学を希望する小学生が増えていることから、中学受験にも力をいれている学習塾もあります。

集団塾と個別指導塾

 学習塾にはいろんな種類があります。

 学習塾には大きく分けると、集団塾と個別指導塾があります。

 集団塾は大勢を1クラスとして、学校のように講師が教壇に立ち、カリキュラムに沿って指導をします。ある程度競争心があり、分からないことを 積極的に質問できる子は、集団塾に入ると英語や数学の点数がアップし、学力も向上します。仲間意識が芽生え、やる気にさせてくれるのがメリットです。

 個別指導塾は、2∼5人の生徒に講師が1人付き、それぞれの学習の進み具合に合わせて指導します。どちらかといえばおとなしくて控えめ、みんなの前で手を上げて質問することが苦手な子は、個別指導塾がおすすめです。

進学塾と補習塾

 学習塾の指導内容などにより、進学塾と補習塾に分かれます。

 進学塾は、宇都宮高校、宇都宮女子高校をはじめ、地域の中堅クラス以上の高校入試に特化した受験対策を行う学習塾です。大学受験も視野に入れ、高校進学を目指す子は、早めに入塾することで準備をする時間を長く取ることが可能です。

 補習塾は、学校の授業の予習・復習を中心に行う学習塾で、主に定期テスト向けの学習を行います。学校での成績アップ、授業についていけるようにすることを目的としており、カリキュラムも学校の進度に合わせて組まれています。

塾に通い始める学年

 将来は東大に入りたいから、高校は宇都宮高校か宇都宮女子高校と決めて、中学生になってすぐ学習塾に通う子は少数派です。

 中学生になり、1学期の期末テストで点数が取れず、親にいわれるまま夏の集中講習を受けたものの、理解できるようになって、そのまま学習塾の本科コースに通うようになった子、夏休みが過ぎ、急に勉強が難しくなって点数が伸び悩んだ結果、入塾した子などがほとんどです。

 夏休み以降の授業の進み方は学年を問わず、ますます早くなります。理解できない状態をそのままにしておくと、授業についていけなくなり、学校も面白くなくなります。

 学習塾に通い始める時期は、学年に関係ありません。これを読んでいる今が、学習塾に通い始める絶好のチャンスです。

受験の準備を始める学年

 高校受験の準備を始める時期は、早ければ早いほど有利といわれていますが、進学校を狙う子の多くは、中学1年の半ばぐらいから学習塾に通い、受験の準備を進めています。

 勉強も部活も頑張っている子の多くは、部活を引退した後、夏休みに入る直前から、本格的に受験勉強を始めるのが一般的です。ただし、引退後から入試本番まで、それほど時間は残されていないため、効果的に学力を伸ばし、志望校に合格できるよう、点数を上げる必要があります。

 地域に密着した学習塾の講師は、合格するノウハウや高校の情報に精通しています。教え子の中には、現役高校生もいることから、高校の最新の情報を入手しやすい立場にいます。

評判の良い塾=自分に合っている塾ではありません!

 合格実績も口コミも良く、評判の良い学習塾だと聞いて、入ってみたものの想像と違っていた、という話はよく耳にします。

 評判は絶対ではありません。評判が良くても、どうしても合わないが学習塾もあれば、評判が悪くても、うちの子にマッチしていた、ということもあり得ます。評判はあくまで参考程度とし、最終的には自分の目と耳と感覚で選ぶことが大切です。

自分に合っている学習塾を選ぶポイントは以下の5つです。

授業形式・カリキュラム

 集団塾か個別指導塾かを選択します。子どもの勉強の理解度や基礎学力、性格などを考慮した上で絞り込んでください。

 絞り込んだ後、カリキュラムを検討します。高校受験を目標とした進学塾にするのか、英語や数学などの定期テストで点数を取れることを目指した塾にするのかを選びます。この段階で、チラシ、ママ友、その学習塾に通っていた高校生の体験などを参考にしても良いでしょう。

先生

 大学生のアルバイトが多いのか、専任講師なのか、どれくらいの実績がある先生なのかを確認します。先生に関する情報は公式ホームページに紹介されていることもあります。 資料請求して先生をチェックしてみるのもよいでしょう。どのコースを指導しているのか、担当科目が英語か数学かなども調べましょう。

 正社員教師であれば、多くの場合、指導経験が豊富で、高校受験に関する情報やノウハウを持っているため、効果的な受験指導が期待できます。

料金

 多くの学習塾は月謝制です。高すぎる学習塾を選ぶと、通わせるのが厳しくなります。月謝以外に、冷暖房費、コピー代、夏の合宿費用など、いろいろな名目で追加料金を請求する学習塾は選択肢から除外してください。

 インターネットを見ると、学年ごとの料金相場を確認できます。学習塾の費用が高いと感じたら、受付に問い合わせて根拠を確認してみてください。

サポート体制

 授業以外にどのようなサポートをしてくれるのか確認しましょう。学習塾によっては授業時間外も無料補習を設けるなどし、きめ細かいフォローを行うところもあります。志望校選びや合格に向けた進路相談をしてくれる学習塾は頼りになる存在です。

体験入学

 体験入学は自分の目で見て、学習環境を体感する貴重な機会です。無料体験授業を実施している学習塾もあるので、ぜひ受講してみてください。入塾前でも誠実に対応する、無料学習相談に親身になって応じてくれた、しつこい勧誘をしない。そんな学習塾は比較的良心的な学習塾だと判断できます。

宇都宮市の塾選びの失敗談

 宇都宮市内に住む中学2年生の体験談です。吹奏楽部の友だちに誘われて、有名な大手の学習塾に入りました。最初は勉強も楽しく、1学期の期末テストで英語の点数が10点以上アップしたのですが、部活の練習が次第にハードになるにつれて、友だちはさっさと学習塾をやめてしまいました。1人残された自分 は、学習塾での勉強がつまらなくなり、やる気もなくなってきました。

 憧れの先輩に誘われたから、授業料が安かったから、合格実績がよかったから、仲良しの友だちも通っているから、などの理由で安易に学習塾を決めて、失敗したと後悔する中学生は大勢います。何のために学習塾へ通うのか、決める前に自分なりの答えを出してください。

 例えば東大に行きたい、というのは大げさですが、苦手な英語で点数を伸ばしたい、数学の定期テストで、満点を取りたい、勉強に対する苦手意識を克服したい、など理由は何でもかまいません。

 嫌な気持ちを引きずって、学習塾に通い続けることほど、つらいことはありません。親などに相談して、自分に合った塾に 変更するか、などを話し合いましょう。 

W早稲田ゼミの紹介

 W早稲田ゼミは栃木・群馬・埼玉の公立高校合格実績ナンバー1の地域密着の学習塾。どんな生徒にも「わかる」「楽しい」「成績UP」を実感できるよう、厳しい研修を受けた正社員の教師が授業を行っています。

 中でも数学の授業は3人の教師が教室を回り、一人ひとりの質問に答える形式で、きめ細やかな個別指導で、取り残される子を一人も出しません。

 生徒一人あたりの無料補習時間は、年間平均127時間。教師が必要と判断した時、生徒から要望がある時、できるまで、わかるまで、何時間でも無料で補習を組むのが魅力です。

 無料体験授業、学習相談も受け付けております。学習にお困りの場合は、お問い合わせください。

 

栃木県内の高校へ進学した生徒の体験談はこちら

 

近隣校舎「宇都宮校」はこちら

近隣校舎「宇都宮中央校」はこちら

近隣校舎「宇都宮東校」はこちら

栃木県内の校舎はこちら

COMPANY

まずは無料体験へ